2021年4月21日水曜日

マドレ・マリア・イネスの列福記念日



取り次ぎの祈り http://hohoemiwo.blogspot.com/p/blog-...

マドレ・マリア・イネスの列福記念日

2012年4月21日

 

2012年4月21日に、メキシコのグァダルペ大聖堂において、御聖体の宣教クララ修道会の創立者、マドレ・マリア・イネスの列福式が行われました。大勢の参列者の中には日本からの巡礼団の姿もありました。横浜教区長ラファエル梅村司教様もご参列くださいました。

列福ミサの中でアマト枢機卿様は、次のようにお話しくださいました。

 

マドレ・マリア・イネスは、与えられたすべての力と恵みを「神はすみやかに治められますように」のモットーに従って、キリストのみ国のために自らを捧げました。

グァダルペの聖母は、観想会の一人の修道女を福音の使徒的宣教女に変えました。グァダルペの聖母への愛にかられたマドレ・マリア・イネスは、聖母のみ心に、また、御聖体のイエスと、その慈しみのみ心に、全人類を連れて生きたいと熱望しました。

教会は宣教者を必要としています。マドレ・マリア・イネスは、まさに教会の必要に応えて宣教者を教会に送りました。

マドレ・マリア・イネスの信仰に基づく英雄的行為は、いつも神の御摂理に信頼し、希望し、その眼差しは天国へ、心は聖なるイエスのみ心に浸っていました。彼女の熱烈な使徒的力は、そこから湧き出ていたのでしょう。その徳、たぐいまれな生活は、絶え間ない微笑みで飾られていました。「不快を表したい時の微笑み、いつも微笑むこと、わたしたちが最も苦しい時でも。でも、わたしにとってそれは、たいしたことではありません。なぜなら霊的生活を始めたときから、いつも努力していたことですから。」と彼女は言っています。

今日のお祝いは、聖性のお祝いです。けれども同時に、よろこびのお祝いです。なぜなら、地上において聖人とは、神の微笑みだからです。

 




2021年4月20日火曜日

「主の呼びかけを聞き、識別し、生きる」

 

復活祭の第4日曜日は「良き羊飼いの日曜日」と呼ばれ、召命のために祈る日となっています。教会は、すべてのクリスチャンが、今ここで主の証人となるように召されていることを忘れないようにと呼びかけています。そこで、教皇フランシスコの言葉を通して、私たちの人生に対する神の呼びかけを発見するための3つの基本的なステップを思い出したいと思います。

わたしたちは偶然生きているわけでも、無秩序に連なった出来事の結果として生きているわけでもなく、神の召命の実りとしてこの世に存在し、生きています。

 神はつねにわたしたちに会いに来られ、愛と幸せを切望するわたしたちの思いを受け止め、喜びへと招いてくださいます。一つひとつの召命は、個人としても、教会としても、多様で比類のないものであり、わたしたちは天から呼びかけているそのことばを聞き、識別し、生きなければなりません。そのことばは、わたしたちの能力を活かし、わたしたちをこの世における救いの道具にし、幸福の充満へと導いているのです。

 これらの三つの要素――聞き、識別し、生きる――は、イエスの公生活の始めにも当てはまります。イエスは荒れ野で祈り、試練を受けた後、ナザレの会堂を訪れ、そこでみことばを聞き、御父から託された使命の内容を識別し、自分はそれを「今日」実現させるために来たと宣言したのです(ルカ41621参照)。

聞く

 主の呼びかけは、日々の生活の中で見たり聞いたり触れたりするもののように、はっきりとしたものではありません。神はわたしたちの自由を抑圧することなく、静かにそっと来られます。

 したがって、主のことばと生き方に心の底から耳を傾ける心備えをし、さまざまな出来事を信仰のまなざしで読み解くことを学び、聖霊からもたらされる驚きに心を開く必要があります。

識別する

 イエスは、ナザレの会堂でイザヤ書の一節を読んだ後、ご自分の使命の内容を識別し、救い主を待ち望んでいる人々にそのことを告げます。イエスはその使命のために遣わされたのです。「主の霊がわたしの上におられる。貧しい人に福音を告げ知らせるために、主がわたしに油を注がれたからである。主がわたしを遣わされたのは、捕らわれている人に解放を、目の見えない人に視力の回復を告げ、圧迫されている人を自由にし、主の恵みの年を告げるためである」(ルカ41819)。

  そしてわたしたちは、キリスト者の召命にはつねに預言者的な側面があることに気づきます。聖書に記されているように、預言者たちは、回心と希望と慰めのことばを神の名において伝えるために、物的に非常に困窮している人々や、霊的、道徳的な危機にひんしている人々のもとに遣わされます。

 さらには主がどのような場所や手段や状況を通して呼びかけておられるかを交わりの中で見いだすために、わたしたちは今日も識別と預言を切実に必要としています。キリスト者は皆、いのちの「内面を読み取る」力をはぐくみ、主がどこで、どのようなかたちでご自分の使命を受け継ぐ者となるよう呼びかけておられるかを見極めなければなりません。

 55回「召命のための世界祈願日」の教皇メッセージより抜粋

 


 続いて 第2部は

主の呼びかけを生きるとういう テーマを 深めていきましょう。


2021年3月24日水曜日

神のお告げの祭日

   



神のお告げの祭日


 

 3月25日は、「神のお告げの祭日」です。

この日、どんなみ言葉を思い浮かべますか? 私は、「Fiat(はい)」という、み言葉を思い浮かべます。

 バチカンの聖ピエトロ大聖堂にある、ミケランジェロ作のピエタ像をご覧になったことがありますか? 本物は見ていなくても、写真などでご覧になったことのある方は多いと思います。十字架からおろされた我が子イエスの亡骸を抱く聖母の像ですが、聖母のお顔が若すぎると感じたことはありませんか?

 亡くなった時イエスは30才を過ぎていたと言われているので、聖母は少なくとも、50才近くになっていたはずです。それなのに、ピエタの聖母は、イエスより若く見えるほどです。不思議に思いませんか? どこかで聞いた話ですが、このピエタの聖母は、お告げの時の聖母なのだそうです。そこには、ミケランジェロの意図があり、それは、彼の信仰表現だというのです。つまり、聖母の「Fiat(はい)」は、ただ、お告げの時だけの「フィアット」ではなく、聖母の全生涯を貫いたものだったのです。

  


2021年3月14日日曜日

愛される父

聖ヨセフ


 もう聖ヨセフの祭日の日が近づいています。その日のために聖ヨセフに対して感謝のきもちで準備しましょう。これから教皇フランシスコの使徒的書簡”父の心で”からの聖ヨセフについて分かち合いたいと思います。

愛される父

聖ヨセフの偉大さは、彼がマリアの夫であり、イエスの父であるという事実にあります。そして、聖ヨハネ・クリゾストモが明言したように『彼は、受肉による救いの営み全体への奉仕に参画した』のです。聖パウロ六世が述べたのは、ヨセフの父性が具体的に表されたのは、『自身の人生を受肉の神秘とそれに結びついたあがないの使命への奉仕、犠牲として捧げたときです。聖家族に対し彼が有していた法的,権限を行事することで、自分自身、自分人生、自分仕事を与え尽くしたときです。家族を愛するという自身の人間的召命を、その身と心とあらゆる能力を尽くした超人的ささげものへと、家族に迎えたメシアへの奉仕の愛へと変えたとき』です。

救いの歴史におけるその役割ゆえ、聖ヨセフは、キリスト者にずっと愛されてきた父です。それは世界中の数多くの教会が彼に捧げられている事実、多くの修道会、信心会、教会グループがその霊性に導かれ、その名を冠している事実、何世紀にもわたり、さまざまな作品がこの方への崇敬をもって作られてきた事実からも明らかです。多くの聖人が彼熱烈な崇敬者となってきました。

イエスはダビデの子孫として(マタイ1・16,20)、預言者ナタンがダビデにした約束のとおりに、そこにルーツをもって生まれることになっていました。聖ヨセフは、ナザレのマリアの夫として、旧約聖書と新約聖書をつなぐ蝶番なのです。



聖ヨセフ、私たちのために祈ってください。

2021年3月8日月曜日

四旬節―信仰、希望、愛を新たにする時

 


親愛なる兄弟姉妹の皆さん

 イエスは、御父のみ旨をなし遂げるためのご自分の受難、死、復活を弟子たちに告げることで、その使命の深い意味を明らかにし、この世を救うために協力するよう呼びかけておられます。

 復活祭へと向かう四旬節の道を歩みながら、わたしたちは「へりくだって、死に至るまで、それも十字架の死に至るまで従順」(フィリピ2・8)であったかたを思い起こします。この回心の時、わたしたちは自分の信仰を新たにし、希望の「生きた水」をくみ、開かれた心で、自分をキリストにおける兄弟姉妹にしてくださる神の愛を受け取りたいと思います。復活徹夜祭には、洗礼の約束を更新し、聖霊の働きにより、新しい人間として新たに生まれます。四旬節の旅は、キリスト者の旅全体がそうであるように、復活の光にすでに余すところなく照らされています。復活の光は、キリストに従いたいと望む人の心と姿勢と選択を力づけるのです。

 断食、祈り、施しは、イエスが説教の中で示しておられるように(マタイ6・1―18参照)、わたしたちの回心の条件であり表れです。清貧と放棄の道(断食)、傷ついた人に対する愛に満ちたまなざしと行為(施し)、そして御父との親子の対話(祈り)によって、忠実な信仰、生き生きとした希望、活発な愛を具体的なかたちで表せるようになるのです。

                                            (2021年四旬節教皇メッセージより) 

2021年3月1日月曜日

聖ヨセフへのお祈り


もう
3月, 聖ヨセフの月になりました!そして、教皇様は今年を聖ヨセフの特別年と定められました。 


聖マリアは3歳の時、神殿に奉献されました。15歳になった時、大祭司は律法に従い、マリア様を結婚させるために、ダビド家子孫で結婚を望む男達に木の枝をもって神殿に集まるように命じました。

そして二回目に男たちを集めた時、木の枝はみんな枯れていましたが、ヨセフ様の枯れた枝には花が咲いていました。この恵みによってヨセフ様はマリア様の夫として選ばれました。「マリア・ワルトルタ参照」


ヨセフ様はマリア様に次ぐ大聖人です。そしてその取次の力は偉大です! 教皇様が指示しているように聖ヨセフの
取次を願って、この世界のためにお祈りしましょう!


2021年2月21日日曜日

バンクラールの誓約更新

バンクラールの誓約更新

 

 例年の桜新町修道院でのバンクラールの誓約更新を楽しみにしておりましたが、今年はコロナ禍により、残念なことに皆で集まることは出来なくなりました。



 その代わり、軽井沢修道院にて、軽井沢教会主任司祭の高野神父様のミサで、契約更新の書類を受け取って頂く事になり、軽井沢在住の私が、誓約更新書類を奉納する栄誉にあずかりました。

 高野神父様のミサでのお話しで、バンクラリスタの責任と義務に触れられ、改めてその意義に初心に帰り、神様のみむねに叶うものとなりたい、と心が震えるのを感じました。

 御聖体の宣教クララ修道会創立者 マドレ・マリア・イネス・テレサ の「全ての人々の霊魂を救いたいのです」という言葉が頭をよぎり、「観想と活動」を志すシスター方と共に歩むはずの私は一体何をしているのか、自責の念にとらわれました。

 昨今のコロナ禍での活動は限られているからこそ、今必要なのは前述の創立者マドレの「祈り」そのものではないかと、強く感じ入りました。

 まだ暫くは活動の機会は乏しいでしょうが、私なりの祈りと感想の日々が続けられるよう心から願っております。

 誓約の更新を済ませ、清々しく、前向きな気持ちにさせて下さった神様の計らいに、心から感謝しております。

 202125日          マリア・ローザ 大内葉子 v.c.